バスケットボール外部コーチの日記


バスケットボール上達革命〜試合で得点が取れる選手になる方法〜

田臥勇太の嫌いな練習

能代工時代の憂鬱な夏」という記事が、ヤフーニュースに出ていた。

あれだけの名選手にも、いやな練習はあった。


スリーメンとシャトルランがきらいだったそう。

とくに、シャトルランはボールを使わずに走るだけの練習だから

どうしても好きになれなかったみたいです。


この二つの練習を好きなバスケットボールプレイヤーはいないでしょうね。

私も、大嫌いでした。


でも、ミニバスの選手たちにはスリーメンはやらせます。

往復シュートが決まって、初めて1往復というのが

しんどいスリーメンのルールですが、

ミニバスの選手たちには、1往復を数回させるだけ。

私は、1,3,5,7,9、7、5、3、1往復ていうのをなんどもやらされました。


コーチになって、

苦しい時にシュートを決めるということを

教えたかったのだと思うのですが、ちょっとナンセンスなような気がします。


その理由は、ゲーム中のシンドイ時と

練習のシンドイ時は、

その質が違っているから。

集中力が高いゲーム中と

嫌だと思って集中力散漫になっている練習中

条件が違うのですから、違うのは当たり前。

もっと違う練習で集中力を高めた方が良いと思います。
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
糖尿病の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。