バスケットボール外部コーチの日記


バスケットボール上達革命〜試合で得点が取れる選手になる方法〜
<< 1 2 >>

勉強とクラブの両立

昨夜、会社帰りに
「コーチ!」
と、卒業生のNが声を掛けてくれました。たった、一駅の短い時間でしたが、彼女の近況を聞くことが出来ました。
「バスケットボールは、やってる!やろな?」
と、問いかけると
「やってるけれども、練習も楽で下手になった気がする。」
との答が帰ってきました。(何しろ、去年のチームのエース、やめていたら私のショックも大きい。)彼女は、話を続けて
「学校が面白くない。M中学が良かったM中学に戻りたい。」
としきりに話していました。別れ際に、
「部活に遊びにおいで」
と声を掛けると、
「絶対、行きます!」
と、初めて昔と変わらぬ笑顔が戻ってきました。

今、バスケットボールを教えている中学生に、
「勉強もしっかりするように!」
とよく言っています。私は、中学生のバスケットボールの外部コーチで、勉強には関係なく、選手たちの具体的な成績を知る立場にありません。けれども、練習中の会話や、態度を見たり聞いたりしていると、大きく3段階に分けたときの、彼女たちの成績順位を言い当てることはできます。中には、私の話をしっかり聞いて、一生懸命練習して、ちょっと口数が少ないタイプの選手は、私の予想が全く外れてしまうケースがありますが…。

話がそれてしまいましたが、私が選手たちに、勉強の話をするときに、
「お前たちが、行く高校がないと言って泣いている姿を見たくないから」
と、付け足しています。

Nも高校入試の時期には、苦労しているとの話を顧問の先生や、彼女のチームメイトから聞いていました。それでも、なんとか進学できる高校があって良かったと思っていたのですが。

彼女の口から聞いた話では、高校の授業で小学校の授業のようなことが行われたこともあるそうです。彼女にとって、高校が面白くない原因はそのあたりにもあるようでした。

日曜日の練習のあと、期末試験前に差し掛かります。後輩たちに、Nと同じ気持ちを味逢わせたくないので、しっかり勉強するように話をしようと思っています。

One For All,All For One

震災のあと宮城県のあるラグビーチームの外国人選手たちが、他の外国人が帰国しているなか、日本に留まり、救助活動等を行っていたという話を聞きました。残留している理由は、ラグビーにとって、大事な精神「One For All,All For One」があるからだということでした。悲惨な状況下で、その精神を発揮するのは、言葉では簡単ですが、実行するのは難しいものだと思います。
団体球技にとっては、この言葉の持つ意味は大切だと言えるでしょう。バスケットボールだって例外ではないはずです。漫画「スラムダンク」の中でめそれがうまく表現されています。俺が点を取らなくても、このチームには点を取れるやつは他にいると考え、スクリーンをかけにいった主将、1対1で得点することばかりにとらわれていたのに、パスをすることを覚え、1対1での得点力をさらに上げた1年生エースetc


ところで、うちの娘たち、全くこの言葉を理解出来ない。パスをだしてキャッチするのが難しい場合でも、キャッチミスした後輩を怒鳴りつけるガード。カバーディフェンスにいけない得点能力の高い選手たち。特に、今年の3年生は、チームとしてバラバラ。彼女たちに残されたのは、2大会。その一つが明日から始まる、春の市内大会です。どんなゲームをしてくれるのやら?気持ちを切り替えて、チームとして勝利を目指して欲しいものです。

メガネをかけだしたら

以前に書いた聴覚障害をもつ2年生。新人戦以降メガネをかけ始めました。メガネがなければ「リングがわずかにしか見えない」と本人が言うくらいひどい近視で、そのくせメガネをかけてバスケットボールをすることに抵抗感を感じていました。顧問の先生が話をしてくれましたが、わたしから「リングが見えないのなら試合には出せない」と声をかけてやっと練習中からメガネをかけるようになりました。

彼の運動能力は高く、チームの中心にならなければならない存在。メガネをかけてくれたおかげで、先日の練習試合でやっとそれらしき部分をアピールしてくれました。シュートは今ひとつ入っていませんでしたがパスとディフェンスが全然見違えるように変身。特にパスはドライブからノーマークの相手に裁けるようになりました。
シュートは今ひとつと言っても、チーム全体の得点が少ないので、彼のシュートのウェイトはそれなりに大きく、チーム全体の得点力アップに繋がったのは確かです。
身長は低いのですが、ジャンプするタイミングが早く、自分より大きい選手の上からシュートを撃てるし、本人は意識していないけれども、ポストプレイもできる。これからの成長を楽しみにしています。
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
糖尿病の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。