バスケットボール外部コーチの日記


バスケットボール上達革命〜試合で得点が取れる選手になる方法〜

大会前だというのに

先週は試験1週間前で、部活は休み。そんなときにコーチの私も気が抜けたのか、風邪をひいてしまいました。水曜日くらいから「なんだかしんどいな」と感じていたんですが、日曜日にミニバスに顔を出し、ちょっとプレイしてみたら内腿に痛みが・・・。その後ふくらはぎにも痛みが出てきました。月曜日に仕事に行き、上司から「筋肉が痛くなるのはインフルエンザ!」なんて言われてあわてて病院へ。手遅れかもしれませんが受験生の娘に移してはいけないと思い検査を受けました。検査の結果はもちろん陰性。インフルエンザではありませんでした。

以前インフルエンザにかかったのも、春のオープン大会の前で同じ時期。年末年始の休暇の時にも、よく風邪をひいて寝込んでいます。緊張感があれば風邪もひかないと、会社の上司たちに言われた経験がありますが、私が風邪をひくのはいつもバスケットボールのない時期で、本業よりバスケットボールを大切にしている私の気持ちをよく表していると思います。バスケットボールの外部コーチをしている方々はどうなんでしょうか?

ショックです。主軸選手の病気

昨日は土曜日。練習からかえってブログを書く予定だったのですが
先週に書いた鉄分不足でドクターストップがかかった選手から
ショックな報告を受けたので、ブログを書くことが嫌になり
休みました。
医者から、しばらくの間、激しい運動は禁止されたそうです。
彼は、陰で努力するタイプで、出来なかった左手のドリブルも
いつのまにかマスターしていたり、シュートの形が悪いと
注意すれば翌週には形を整えてくる選手。彼をエースポジション
には据えていないけど、実際は彼がポイントゲッターで、
彼の3Pシュートがよく入って、この間の大会も1勝できたのに。

誰よりも、彼が一番ショックを受けているでしょう。クールに
見せたいタイプなので顔には出しませんが。
中学最後の大会に出場できないかもしれないなんて、ショックを
受けないはずがないですよね。

最後の大会、勝算は立たなくなりました
けれど、他に真面目にバスケットボールに取り組んでいる数人の
3年生のためにも、またドクターストップがかかった選手のためにも
心を切り替えて、チームの再編にかからねば・・・。

バスケットボール選手と体重

昨日、卒業した3年生について書いた
その続きです。

3年生が部活を引退したあと、
太ってしまう生徒が多いようです。
部活動をやっていて、
激しく動いたころの食欲がそのまま続いてしまいます。
当然体重が増え、筋力が衰えます。

高校になってバスケットボールをやろうと思えば
まず、体の筋力アップとダイエットから
始めなければ、というやつらがちらほら。
と言う私もそう言うタイプでした。

人気blogランキングへ



なぜこんなことを書いたかといいますと
我が家の下の娘が、4月から高校生になります。
高校生になってもバスケットボールを続けると
嬉しいことをいっていますが、
体重が増えすぎてちょっと心配。
もう少し、私なり妻なりが彼女の食事を
考えなければならなかった
と反省しています。
世の中には色々な商品がでまわり
インスタントでも
ダイエット食があるようです。続きを読む
特別な食事を作るのがめんどうなので
ついつい食べさせていましたが
こんなのあるなら、
もう少し体重セーブも出来たのに
と反省しています。
新3年生の保護者の方
または、
新高1の保護者の方でお子さんをすでに太らせすぎた方
がこのブログを読んでくださっているなら
インスタントのダイエット食も
上手く利用して体重管理をしてあげてください。
太いとお子さんの膝や腰に負担がかかりすぎて
怪我の原因または遠因になってしまいます。

酒のあとの夜食にも利用できそうですよ。
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
糖尿病の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。