バスケットボール外部コーチの日記


バスケットボール上達革命〜試合で得点が取れる選手になる方法〜

<< 1 2  3  4 >>

リバースターンとフロントターン

リバースターンは、片足を軸にして、お尻が先に回るターンのことです。

簡単にいうと、後ろ回りです。

ミニバスで、前回りや後ろ回りのターンの練習をすると、頭の中がこんがらがって、

どっち向きに回れば良いのかわからなくなる子がいます。

中学生でも、初心者や、あんまり物を考えない選手が、パニックになります。

そんなときに、

「顔から回るのが前回り、お尻から回るのが後ろ回り」

っていう表現で指導します。

ちなみに、前向きに回ることはフロントターンと言います。

なぜ、子供たちが、こんな簡単な体の動きで混乱するのかというと、

右足を軸にするのと、左足を軸にするのでは、回る方向は同じでも、

前回り、後ろ回りと言葉が変わってしまうからだと思います。


さて、人間というのは、見えている方向に、進もうという習性があるようです。

ミニバスでもそうですが、リバースターンを意識付けされていない大学生でも、

女子の場合は、バスケットボールのゲーム中には、敵のいる前方向ばかりを意識してしまいます。

リバースターンをすれば、簡単にシュートにいけたり、パスがさばけるのに関わらず…。

ミニバスの指導にも、大学生の指導にも、しばらくのあいだ、

リバースターンの意識付けに取り組もうと考えているところです。

3番ディフェンスの重要性

バスケットボールというスポーツでは、リングにボールを通過させなければ、相手チームの得点は成立しません。
バスケットボールに関わらずほとんどのスポーツにおいては、ディフェンスよりオフェンスが有利なのは周知の事実のはず。そう意味で、1番ディフェンスのカバーにゆく3番ディフェンスの存在は非常に重要です。コーチをしている人の中には、勘違いしている人もいるようですが…。実力が100%同じで、ワン・オン・ワンで何回も勝負したならオフェンスが勝つのは当たり前。多くのコーチがディフェンスを熱心に教える理由は、オフェンスの優位性とオフェンスの指導の難しさにあると思います。

さて、先日の練習に3年生の一人が参加してくれました。3年生を中心としたチームでは、彼女はエースの存在。けれども、彼女の得点は、スティールからのワンマン速攻がメインで、私から見て多少小技を使ってシュートを決める以外に、オフェンス的にはあまり評価の対象ではありませんでした。
けれども、彼女のディフェンスは凄い。3番ディフェンスの時のボールへの目配りと、ボール保持者の狙いを読む力などは、女子には珍しく、鷹のような目でディフェンスをしていました。

ディフェンスのポイントは、シュートを相手に決めさせないことが第一で、次にボールを奪いとること。このポイントを彼女は本能で解っていた気がします。ただし、1番ディフェンスは下手で、ボールが見えたら手を出しにいく癖を、彼女をみた3ヶ月では、私は矯正することができませんでした。
話は戻って、彼女がきた日のこと。ディフェンスの時の視野の保ちかたと、カバーとスティールの仕方、それに2番ディフェンスから3番ディフェンスに切り替わりの判断、2年生以下の後輩に教えようと、5対5の時の彼女のディフェンスの動きを説明していると、彼女のディフェンスの凄さが、もっと見えてきました。

2年生のチームの中心選手は、背の高い選手たち。彼女のディフェンスの半分位を見習ってくれたらかなりのチームになりそうな気がします。

逆足でドリブルシュート

ドリブルシュートやランニングシュートを、初心者に指導するときには、右手でシュートをうつ場合のステップは、一歩目が右、二歩目が左 。反対に左手でシュートをうつ場合は、左→右の順で教えます。この基本的な形ができなければ、体育の授業のバスケットボール未経験者ばかりのゲームのように、動きが少なく面白みに欠けてしまいます。

さて、実際にバスケットボールのゲームでは、ランニングシュートは、基本形のステップばかりかと言うとそんなことはありません。右手でシュートするときに左→右のステップになったり、その逆になるケースがたくさんあります。ゲーム中にシュートをうつチャンスの数を考えたときに、逆足でシュートを決めることは、とても重要なことだと言えます。

男子の場合は、バスケットボールを始めてしばらくすると、教えなくても、この逆足ステップでのシュートをできるようになってくる選手もそれなりに出てくるのですが、女子はあまり上手くできないことに、最近気付きました。右サイドからは左手でドリブルでドリブルしてゆき、左→右のステップで右手でシュート。左サイドの場合は
右手でドリブルして右→左のステップで左手シュート。
強いチームになればなるほどゲーム中に逆ステップでシュートをうつ機会は多そうです。1月の冬季交歓大会に、何人かマスターしてくれることを願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
糖尿病の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。