バスケットボール外部コーチの日記


バスケットボール上達革命〜試合で得点が取れる選手になる方法〜
<< 1 2  3  4  5  6  7 >>

バスケットボール ポジション

ミニバスのコーチを一歩退いた形になっています。

私より10歳以上も若い保護者たちに、女子チームは任せています。

子供たちと一緒にプレイできるのは、とてもいいことだと思っています。


ただ、私もコーチになった時はそうだったのですが、

ポジションに対する認識に改めるべきところを感じます。


ミニバスの選手は、特に女子は、

今は背が高くても、成長しきってしまっていて、

今後身長が伸びる可能性がない子がいます。

ミニバスのコーチの課題は、今後の成長まで見越してポジション決めなければ!


今、レベルの高いバスケットボールを見ると、

ガードは背の低い選手という概念は打ち払われています。

ひょっとすると、この考え方は、NBAの次にミニバスがはやかったかも?


アドバイスはしました。理解はできたようです。

でも、160cmもない6年生にセンターを任せっぱなし。

彼女の運動能力は抜群、5年生になってから入部したため、

大会に合わせた練習メニューが中心になっていたことと、

彼女の能力からすれば、シュートをうたせたかったので、

ドリブルより、シュート練習中心にさせた私も悪かったのかもしれません。


ガードができる選手なのに、修正はできたはずなのに・・・

中学校に入ってから、顧問の先生にお任せするしかなさそうです。

ミニバス ゾーンディフェンス

今年から、ミニバスではゾーンディフェンスが禁止になりました。

長年ミニバスを指導されている先輩コーチの話では、以前もそんなことがあった

とおっしゃっていました。


いいことだと思います。

勝つことだけを考えず、バスケットボールを真面目に指導されている方たちは

マンツーマンディフェンスをおもに使われていました。


マンツーマンがディフェンスの基本、

マンツーマンディフェンスができないとゾーンができない

とは、先輩コーチたちがよく話されていました。

たしかに、その通りだと思います。


でも、ゾーンディフェンスを子供たちに経験させると

マンツーマンディフェンスが上手くなることもあります。

それは、3番ディフェンス。

ボールから離れた場所にいる3番ディフェンスは、

味方ディフェンスが抜かれた時、カバーしなければなりません。

ゾーンディフェンスを経験させると、子供たちのディフェンスビジョンが

広くなり、3番ディフェンスが上手くなることが多いのです。


マンツーマンディフェンスを教えるとき、

ボール保持者につく1番ディフェンスをまず教えます。

次に、ワンパスアウェイの位置の2番ディフェンスを教えます。

それから、3番ディフェンスにたどり着きます。


ミニバスを教えるとき、3番ディフェンスの指導にたどり着くためには

相当な時間を要します。

でも、ゾーンディフェンスを経験させると、3番ディフェンスの練習は

少ない時間ですみます。

その理由は、

オープンスタンスで視野を広くしていなければならない

という共通点から来るのだと思います。


ゾーンディフェンスのメリットを書いてみましたが、

私の考えは、ミニバスでのゾーンディフェンス禁止に関しては賛成です。




練習量

夏休みに入って、練習量を確保するために、週3回の練習を4回に増やしました。

土日のほかに、平日1回だったのを、火曜日と木曜日の午前に3時間ずつ2回にしました。

これだけ練習量を増やすと、本当はやらなければならないのだけれど、出来ていなかった基礎練習に

充てる時間ができて、娘たちも上達したはず?



でも、酷暑の中の練習ですから、体力が持たなかったり、気持ちに負けたり、

いろいろな娘たちが出てきます。

とくに問題は5年生。ちょっと厳しい練習をすると、1年生の子たちが、平気な顔しているのに

休んでいます。

厳しいといっても、他のチームの練習と比べると、相当楽なはずなんですが。

重大な事故になることは、避けたいので、「しんどい」っていってきたらすぐに休ませますし、

抜ける選手が多すぎると、練習にならないので休憩を何度も入れています。


練習量を増やした分、9月に行われる大会で、波乱を巻き起こしたいと思っています。
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
糖尿病の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。